海外スクール招致について

Pocket

世界各国のスクール招致事業について

日本ベビーウェアリング協会(JaBA)では、世界各国のベビーウェアリングスクール招致事業を計画しています。

文化としての抱っこやおんぶが確立していなかった欧米では今、医学・社会学・生物学など多分野と協力して、ベビーウェアリングの研究が進んでおり、いくつかのベビーウェアリングスクールが創設されています。中でもドイツのディ・トラゲシューレ (Die Trageschule®)はその最高峰と名高いベビーウェアリングスクールです。

2018年度は、このディ・トラゲシューレ (Die Trageschule®)を日本にお招きすることに決定いたしました!*世界で通用する国際資格を視野にぜひご受講ください。会員様にはお申込み優先権がありますので、一般のお申込み開始前(7月19日正午まで)にぜひご入会ださい。

*協力:(株)オンフィリア、(株)ダッドウェイ

Die Trageshule®

ディ・トラゲジューレとは​

1999年に設立されたドイツのディ・トラゲシューレ(ベビーウェアリング学校)は欧州で最も権威の高いと言われるベビーウェアリング・コンサルタント養成校です。ヨーロッパをはじめ、アジア、オーストリア、アメリカの世界18か国でこれまで1500名のベビーウェアリング・コンサルタントを育成した他、ドイツ最大のアカデミック・ベビーウェアリング・カンファレンスを毎年開催し、ベビーウェアリング・カウンセリングおよび研究を通じて、親子の絆を深め、養育者が楽しく、自信を持って子育てできることを使命としています。


Die Trageshule®公式HPはこちら


講師紹介

ウルリーケ・ヘーバ (Ulrike Höwer)

ディ・トラゲシューレの創業者兼オーナー
認定コーチ、看護師、母乳育児コンサルタント
哲学修士(専門:家族と医療の倫理)
4児の母

2018年度コース紹介

2018年度は3つ(4つ)のコースを企画。まずはメーカー向けから順次お申込み方法を発表していきます。