ベビーウェアリングとは

Pocket

国際的にベビーウェアリングは「道具を使って 抱っこやおんぶをすること」とされています。”適切で快適なベビーウェアリング”は多くのメリットがあります。

「ベビーウェアリング」と子育て家庭支援

産後うつや虐待を予防し、愛着形成を促す
「オキシトシン」は「幸せホルモン」、「愛情ホルモン」と呼ばれ、出産時や授乳中、心地よい抱っこによって多く分泌されます。鬱に効果的とされる「セロトニン」も活性化させると言われています。抱っこが快適になることで、母子の絆が強まり、産後うつの予防が期待できます。 絆形成と親の役割獲得
母親に限らず、抱っこすることでより絆形成が深まります。早い段階で自信を持って抱っこができると、赤ちゃんのお世話が楽になり子育てへの積極性を高めます。
子どもの未来への投資
胎児期から小学校に就学するまでの体験が、その後の健康や精神的な幸福感、学習能力、さらには収入にまで影響することが明らかになってきています。乳幼児期の生活の一部である抱っこやおんぶの質が良くなることで、子どもたちのより良い未来が期待できます。