そこ知り!019:低出生体重児とカンガルーケア


適切なベビーウェアリングに関する文献紹介や役立つ知識をお届けする「JaBAのそこが知りたい!」通称「そこ知り!」。昨年度の会員限定のメルマガ形式から改善しました。
会員の方ログインしてご覧ください。
非会員の方:概要までお読みいただけます。会員登録無しで全文お読みいただくには、noteの有料記事をご購入ください。(JaBA会員登録はこちら


今回は、低体重出生児におけるカンガルー・マザー・ケア(KMC; Kangaroo Mother Care)の親子それぞれに与える効果について、2014年にイギリス ランカスター大学・マンチェスター大学の臨床心理学者らがまとめたシステマティック・レビュー(系統的レビュー:複数の論文を分析したもの)の論文を一緒に読んでみましょう!


Effects of kangaroo mother care on maternal mood and interaction patterns between parents and their preterm, low birth weight infants: a systematic review.
著者:Eirini Athanasopoulou, John R.E. Fox
雑誌:Infant Mental Health Journal


この論文では、複数の研究データを総合して、低体重出生児とその親の間における相互作用の効果などについて、KMCの効果の結論を得ることが目的でしたが、研究手法などが異なることから、一定の結論は得られなかったそうです。しかし、低体重出生児の出産でも、KMCによって、母親の精神的状態や親子間の相互関係に好ましい影響を与える可能性が示唆されています。

KMCの方法
乳児の顔を横向き(気道確保)、体全体は縦抱きで、母親や父親などの胸に触れるようにします。適切な体温維持のために、乳児は帽子、靴下、またはおむつを着用し、通常は親の服の下に入れるか、毛布で覆います。乳児の体位保持のために、伸縮性のある布バンドが使用されることもあります。

1. この論文の結論

画像1

つづきは会員限定となります。
非会員の方は、noteから有料記事ご購読、もしくは、会員登録お待ちしております!
ここまでお読み頂いた方も、ご感想などコメント欄や広報部メール jaba-pr★bwdacco.com(★→@)でお待ちしております!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

いいね:

既存ユーザのログイン