そこ知り!赤ちゃんとの肌と肌の触れ合いで、産後のママの気分が落ち着く?

Pocket

適切なベビーウェアリングに関する文献紹介や役立つ知識をお届けする「JaBAのそこが知りたい!」通称「そこ知り!」。昨年度の会員限定のメルマガ形式から改善しました。
会員の方ログインしてご覧ください。
非会員の方:概要までお読みいただけます。会員登録無しで全文お読みいただくには、noteの有料記事をご購入ください。(JaBA会員登録はこちら そこ知り!018では、少し古い2012年の論文ですが、skin-to-skin contact*(SSC)による、正期産児の母親のメンタルヘルスへの影響を調べた研究を読んでいきます。著者はカナダの心理学者らです。

*skin-to-skin contact:乳児をおむつだけにして、母親の胸に肌と肌が触れ合うように抱き、親子は全体を布などで包まれる状態。

Effect of Mother/Infant Skin‐to‐Skin Contact on Postpartum Depressive Symptoms and Maternal Physiological Stress.
著者:Ann Bigelow. Michelle Power. Janis MacLellan‐Peters. Marion Alex. Claudette McDonald.
雑誌:Journal of Obstetric, Gynecologic & Neonatal Nursing

NICUで安全に実施可能な場合に行われるカンガルーケア(Kangaroo Mother Care:KMCとも言います)と同じような方法で行われるSSCは、乳幼児における効果は多く研究されていますが、母親側への効果についての研究は少なかったそうです。

もくじ

1.この研究の目的

母親の産後3ヶ月間の産後うつ、および、産後1ヶ月の心理的ストレスに対し、SSCがどのような効果があるか検証すること。

2. 結果のまとめ、この論文の結論

結果
SSCを行った母親のグループ(SSC群)は、行っていない母親のグループ(対照群)に比べ、生後1週、1ヶ月時点でうつ症状のスコアが低く、2、3ヶ月時点では差がなかったそうです。また、唾液中のコルチゾル(ストレスを感じているとき等に分泌されるホルモン)の生後1週間から1ヶ月の値を引いた減少の差が、SSC群で大きかったそうです。

そこ知り!ママ笑顔
この論文の結論
母子のSSCは、産後の母親の抑うつ症状や生理的ストレスを軽減することで、母親にメリットをもたらす有効な介入となり得る。

つづきは会員限定となります。
非会員の方は、noteから有料記事ご購読、もしくは、会員登録お待ちしております!
ここまでお読み頂いた方も、ご感想などコメント欄や広報部メール jaba-pr★bwdacco.com(★→@)でお待ちしております!

既存ユーザのログイン