夏のおでかけとベビーウェアリング

Pocket

こんにちは。 日本ベビーウェアリング協会、堀内です。
本日は「夏の赤ちゃんとのおでかけ対策」をお伝えしたいと思います。


子どもと過ごす夏の涼しさどう選ぶ?

梅雨明け間近、暑い夏がやってきますね♪ 子どもとお出かけのレジャーシーズンにもなってきます! 親子でのお出かけどう過ごしますか?
親子ともに抱っこより涼しい?!のか、ベビーカー? 暑いからと抱っこは不快?!なのか抱っこ紐?
それぞれの注意点に気をつけて親子ともに快適な夏をすごしましょう(^ ^)

《ベビーカー》

・地面からの輻射熱

気温が約30度のとき、アスファルトの温度は約50度にもなっているそうです。 最近の夏の気温はさらに高いことを考えると、地面に近いところにあるベビーカーの中は心配です。 ある調査では、気温が34.7度の日、地面の温度は57℃。ベビーカーに乗った子どもの頭周辺は50℃もあったそうです。日陰では地面の温度が38℃になりベビーカーでの位置は36℃だったそうです。 日陰で過ごせば、少し安心かもしれません。

・熱を集める色

ベビーカーは黒や茶色など熱を集めやすい色が多いように思います。車のシートが熱くなっていることを思い出しても、ベビーカーの中も心配です。

・赤ちゃんの様子

ベビーカーの中にいると、グッタリしているのか眠っているだけなのか様子がわかりにくいことがあります。意識してこまめに赤ちゃんの様子を見てあげましょう。

《抱っこ紐》

・抱っこ紐を使うと?

暑いからといって緩めに抱っこ紐を装着してしまうと、転落や窒息の危険が高まります。 安全性と快適性を確保したぴったり密着抱っこは、くっついている分暑く感じやすいですが、安全が失われてはもともこもないので、移動中はしっかり抱っこし、少し座って落ち着いてから、緩めて熱を逃がしてあげるとよいですね!

・赤ちゃんは実は快適

大人の体温は赤ちゃんの体温よりも低く、赤ちゃんは大人に熱を放散することができます。 大人はその分暑く感じますが、赤ちゃんにとってはベビーカーよりも快適かもしれません。

・空いた手に日傘

両手が空く抱っこなら、日傘をさすこともできます。日傘なら赤ちゃんも大人もどちらも涼しくなれますし、ついでに紫外線もガードできます。

・赤ちゃんの様子に気付きやすい

近くにくっついている分、赤ちゃんの様子には気付きやすいですし、大人が喉が渇いたら赤ちゃんもかな?というようにつながりやすいです。水分補給は大人も赤ちゃんもこまめにしましょう!

《使い分け》

・ ベビーカーと抱っこ紐の使い分け

荷物が多ければベビーカーが便利なこともありますし、電車で乗り換えが多いなら抱っこ紐が便利なこともあります。抱っこのその他の効果を考えると、抱っこをおすすめしたくなる私ですが、ママパパが笑顔で過ごせることもとても大切です!その日の行動パターンを考えて、二つの人類の知恵、ベビーカーと抱っこ紐をうまく使い分けるとよいですね。

・夏の抱っこ紐選び

よく夏に涼しい抱っこ紐は?と聞かれます。ストレッチラップ(一枚布の抱っこ紐のストレッチタイプ)が冬向きであることは確かですが、多くの抱っこ紐に関して、快適性は涼しさだけでなく、体重分散力も考慮しなければなりません。
素材についても、夏は麻やリネン素材のものが涼しく感じます。メッシュ素材だから涼しい。という認識も多いかと思いますが、どのようなシーンで使うことが多いのかをよく見極めましょう。
例えば短時間であれば、片方の肩に書けるタイプのリングスリングも選択肢のひとつです。 両肩タイプのものより相対的に涼しく、また微調整が可能な一枚布タイプなので赤ちゃんの成長にも寄り添います。 しかし、長時間となると片側だけの負担は大人にとってつらいかもしれません。
布地が薄いものや面積が少ないものは涼しいかもしれませんが、その分体重分散力には劣ってしまいます。涼しさだけでは選べないのも抱っこ紐…。 近くのコンサルタントに相談したり、まずは色々ためしてみることをおすすめします。

いいね:





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください