オンライン基礎理論講座について

Pocket

日本ベビーウェアリング協会では、定期勉強会の理解を深めるために、基礎理論講座を開催いたします。

定員4名の少人数制で、ディスカッションメインに「全国の支援者の持つ情報・想い」を持ち寄って話し合うことができる。

少人数制なので、ベビーウェアリング理論と抱っこ・抱っこ紐の日本の現状に精通した講師(ナビゲーター)や全国からの参加者に好きなだけ質問できる。

安全にかつ赤ちゃんにとっても養育者にとっても快適に抱っこ紐を使用するためのコンサルタントをするには、ベビーウェアリングの基礎知識が不可欠だと考えます。しかしまだまだベビーウェアリングの講座は日本では珍しく、受講したくとも近くで講座が行われていない現状があります。

そこで当会では、欧米の学術的なベビーウェアリング理論と日本の抱っこ紐の現状を学ぶことのできるオンライン講座を導入致しました。

ドイツのベビーウェアリングスクール、ディ・トラゲジューレ等国際基準での理論とコンサルティングを学び、実際の現場経験も豊富な講師陣が行います。

会員・非会員に関わらずご受講いただけますので、当会が行う定期勉強会への基本知識としても、ご活用ください。

【基礎理論講座内容】

<画を多用したわかりやすいスライドとディスカッションで構成されています>

・アイスブレイク~自他を知る~

・赤ちゃんの発達、発達段階

・股関節と脊柱の発達、姿勢について
(緩やかな背中のカーブ、脚のM字ポジション、手の位置、呼吸等含)

・抱っこをする位置や抱っこをする大人の身体

・新生児〜首すわり前の抱き方の注意点

・人間にとっての抱っこの役割

・オキシトシンと絆形成

・前向き抱っこ、横抱きのメリット、デメリット

・抱っこ紐メーカーの現状と事故例

・子どもの発達と安全の概念

・抱っこおんぶについてコンサルタントをする際の安全面等の注意点

*参加費 

・会員:2500円
・非会員:4500円

今月のスケジュール
10月5日 12:30-14:00
10月6日 17:00-18:30
10月18日 10:00-11:30

今月のお申込みは定期勉強会のページから

第4回定期勉強会 母乳育児とベビーウェアリング〜両者の関連と可能性を探る〜