会則

Pocket


JaBA会則

[TOC]

第1章 総則

【名称】

第1条 本会の名称は「日本ベビーウェアリング協会」と称する。副題は「〜抱っこやおんぶを通した子育て支援〜」と称する。 英語名はJapan Babywearing Associationとし、略称をJaBAとする。


第2章 目的及び事業

【目的】

第2条 本会の主たる目的は「ベビーウェアリング」を社会に広く伝え、「だっこやおんぶを通した子育て支援」を行うために、子育てや乳幼児に関わる支援者や専門家と学び合うことである。 本会における子育て支援とは常に、育てる「養育者」と、育つ「子」双方の視点を持つ。 養育者の育児負担の軽減、子の長期的な視点での健全な発達や自立心の育みをサポートするために、「エンパワメントアプローチ」をスローガンとし、双方が本来もつ可能性を引き出し、より良い状態へ支援していくことを目的とする。

【事業】

第3条 本会は、第3条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)定期勉強会

(2)養育者向け講座

(3)子育て支援者向け講座

(4)各種企業向け講座

(5)各国のベビーウェアリングスクール招致

(6)その他目的達成に必要な活動

第3章 会員

【種別】

第4条 本会の会員は次の2種とする。

(1)正会員 本会の運営に携わるもの

(2)スタディ会員 本会の趣旨に賛同して入会したもの

【入会】 

第5条

(1)正会員の入会は、正会員の推薦で2/3以上の賛成があった者とする。    ただし、ベビーウェアリングに関わる自社商品を扱う者は入会できない。

(2)スタディ会員の入会については、特に条件は定めない。

【会費】

第6条 会員は会員規約に定める会費を納入しなければならない。

【会員の資格の喪失】

第7条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

(1)退会届の提出をした時

(2)本人が死亡し、又は会員である団体が消滅した時

(3)継続して、1年以上会費を滞納した時

(4)除名された時

【退会】

第8条 会員は、理事長が定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。

【除名】

第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

(1) この会則等に違反したとき。

(2) この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

(3) 契約書に関する事項に違反したとき。

第4章 理事及び監事

【種別及び定数】

第10条 本会に次の役員を置く。

(1)理事 3人以上

(2)監事 1人以上

2 理事のうち、1人を代表理事、2人を副代表理事とする。

【選任等】

第11条 理事及び監事は、総会において選任する。

2 代表理事及び副代表理事は、理事の互選とする。

3 監事は、理事を兼ねることができない。

【職務】

第12条 代表理事は、本会を代表し、その業務を総理する。

2 副代表理事は、代表理事を補佐し、代表理事に事故ある時又は代表理事がかけた時は、理事長があらかじめ指名した順序によって、その職務を代行する。

3 理事は、理事会を構成し、この会則の定め及び理事会の議決に基づき、本会の業務を執行する。

4 監事は、本会の業務及び経理を監査する。

【任期】

第13条 役員の任期は2年とする。ただし再任を妨げない。

第5章 会議

** 【種別】**

第14条 本会における会議は、通常総会及び臨時総会、理事会、定例会の4種とする。

【総会】

第15条 総会は、正会員をもって構成する。

2 総会は以下の事項について議決する。

(1)会則の変更

(2)解散

(3)合併

(4)理事長及び監事の選任又は解任

(5)事業報告及び支出決算

3 通常総会は、毎事業年度1回開催する。

4 臨時総会は、次の次号の一に該当する場合に開催する。

(1)理事会が必要と認め収集の請求をしたとき。

(2)正会員総数の2分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面を持って招集の請求があったとき。

5 総会を開催する時は、会議の日時、場所、審議事項を記載した書面をもって、会日の2週間前までに通知しなければならない。但し、臨時総会においてはこの限りではない。

6 総会の議事は、出席した正会員の過半数をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

7 やむをえない理由のため総会に出席できない正会員は、あらかじめ通知された事項について書面をもって表決し、又は他の正会員を代理人として表決を委任することができる。

【理事会】

第16条 理事会は、理事をもって構成し、本会を運営するにあたり必要な事項を随時検討、決定する。

2 理事会は、理事の必要に応じてその都度開催する。

【定例会】

第17条 定例会は、理事会と事業部長をもって構成し、各方面からの報告相談会とする。

定例会は毎月一回開催する。

【議事録】

第18条 総会及び定例会において、次の事項を記載した議事録を、事務局議事録係が作成する。

(1) 会議名、日時及び場所

(2) 出席者数(書面による表決者又は表決委任者がある場合にあっては、その数を付記する)

(3) 会議内容について

2会議終了後3日以内に議事録を正会員に公表すること。

第6章 会計

【資産の構成】

第19条 本会の資産は、次に掲げるものをもって構成する。

(1) 設立当初の財産目録に記載された資産

(2) 入会金及び会費

(3) 寄付金品

(4) 事業に伴う収入

(5) 資産から生じる収入

(6) その他の収入

【資産の管理】

第20条 本会の資産は、理事会が管理し、その方法は総会の議決を経て代表理事が別に定める。

【事業年度】

第21条 本会の事業年度は 毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

【事業計画及び予算】

第22条 本会の事業計画及びこれに伴う収支予算は理事会が作成し総会で議決する。

【事業報告及び決算】

第23条 本会の事業報告書等の決算に関する書類は、毎事業年度終了後、理事会が作成し監事の監査を受け総会の議決を経る。

第7章 雑則

【施行細則】

第24条 この定款の施行について必要な事項は、理事会にて定めるとする。

附則

1 この定款は本会の成立の日から施行する。

2 本会の設立当初の役員は、この定款の規定に関わらず選出され、正会員の同意により定めるものとする。

3 本会の設立当初の事業計画及び収支予算は、この定款の規定にかかわらず理事会で定めるものとする。

4 この法人の設立当初の事業年度は、この定款の規定にかかわらず、成立の日から平成 31年3月31日までとする。