• home
  • >
  • 日本ベビーウェアリング協会とは

日本ベビーウェアリング協会とは

Pocket

日本ベビーウェアリング協会とは

日本ベビーウェアリング協会は、育児に関する様々な専門家とそれを目指す人が、世界基準のベビーウェアリング理論に基づき、抱っことおんぶを入口とした子育て支援について広く学び合い、情報交換することを目的に集まった団体です。

様々な専門家とは*

保健医療従事者、ベビーウェアリングコンサルタント、各種ベビー系認定資格者 等。

世界基準のベビーウェアリング理論とは*

ゆりかご文化だった欧米では、近年、抱っこやおんぶが見直され、研究、発展しています。ただ抱っこする側が楽になる抱っこではなく、子どもの発達、親子の関係にも影響する抱っこやおんぶについて、医療をはじめ様々な分野で研究が進んでいます。

理念

子育て中のご家族と出会う機会の多い私たちが共通して目指すものは、抱っことおんぶを通した「エンパワーメントアプローチ」、つまり赤ちゃんに対しても大人に対してもその人が持つ力や可能性を最大限に引き出すお手伝いをすることです。

日本ベビーウェアリング協会は、その人がより自分らしく生きる社会を目指します。

目的・目標

 1.親子に対するエンパワメントアプローチ 

育児のスタートである抱っこ、そして子育て期に欠かせない抱っこを通して、大人と赤ちゃん双方の未来を見据えた健康・安全を展開します。

 2.子育て支援者(専門家)に対するエンパワメントアプローチ 

常に指導ではなく、私たち自身の「傾聴する力」、「気づく力」、「伝える力」、を養い学び合います。
当協会はワークショップを企画・運営しますが、私たちは常に先生ではなくファシリテーター、ナビゲーターです。

 3.つなぐ 

私たちはその人がより自分らしく生きる社会を目指し、専門家と専門家、専門家と親子をつなぐ場をつくります。

資格・認定

当協会では現在、資格の認定や発行は一切行っておりません。

当会員は正会員(抱っこカウンセラー)と一般会員(スタディ会員)で構成されています。
正会員が外部に向けて活動する際「抱っこカウンセラー」と呼称します。
正会員(抱っこカウンセラー)の一般募集・登録などは行いません。
当会の理念にご賛同いただき、共に学び合う仲間を「スタディ会員」と呼称し、一般会員として広く募集しております。

入会のご案内について